持ち運び用ウォッチケースを買いました!

複数本の腕時計を持ち運ぶことが多いので、キャリーケースをずっと探していました。
条件は収納本数5~6本、時計が傷つかないこと、嵩張らないこと、外からの圧力に強いこと。

収納本数が2~3本だとそれなりに良さそうなものはあるのですが、5~6本だと完全に「収納ケース」になってしまい、ケース自体が嵩張るので持ち運びには不向きなものしか見当たらず困っておりました。

探すのを諦めて自分で作ることを検討していましたが、先日こちらのブログ(Mの物欲日記)で紹介されていたウォッチケースが驚くほど条件にマッチしていたので即購入いたしました。みた瞬間に「これは!」と声が出たほど理想的なウォッチケースでした。とうとう出会いました!

まだ届いたばかりですが、総合的にはとても気に入っています。

大きさ
Helena ヘレナ レザーウオッチケース6


Helena ヘレナ レザーウオッチケース6

収納
Helena ヘレナ レザーウオッチケース6

◆良い点◆
・本で例えると背表紙にあたる部分が硬いので、ケースが潰れにくく、外からの圧力に強そう。

・時計の上下を交互に入れることができるので時計同士がぶつからない=傷がつかない。

・仕切りが倒れるので入れる時計のフェイスの大きさに制限が無い。

・左右に時計を収納する際もフェイスが重ならないように入れられるので、ファスナーを閉じた時にケースが嵩張らない。

・フェイス同士が押し合わないので時計も守られる。

収納に関して、とても自由度が高いと感じました。
自由度が高いと言っても完全にフリーでは逆に使い勝手が良くないと思います。程よい仕切りで最低限の収納ルールがある上で時計のタイプを選ばないというのは、よく考えられていて、とても優秀だと思いました。

*仕切りが倒れます。
Helena ヘレナ レザーウオッチケース6

◆気になる点◆
・左右が水平に開けばもっと入れやすそう。
使っているうちに馴染んで開くようになる可能性はありますが、その際、外圧から守ってくれそうな硬さと両立するかという別の問題が出てくるので、最初から水平に開くと良いと思いました。

・バンドを押さえるゴムの硬さが少し気になる。
慣れれば大丈夫かもしれませんが、もう少し伸びるとブレスを入れやすいと思います。

・(現状でも問題は無いと思いますが欲を言えば)中のセパレータにもう少し厚みがあるともっと安心。
ファスナー側は芯などで補強されていないので外から圧力がかかりやすいと思います。その圧力を中のセパレータの厚みで吸収してもらえると安心度が増すと思いました。

*180度に広がると入れやすくなると思います。
Helena ヘレナ レザーウオッチケース6

多少の気になる点はありますが、大切な時計をスマートに持ち運べるようになったのでとても嬉しいです!

*ケースが自立するので、ケース自体も省スペースに収納できて良いと思います。

【商品名】Helena ヘレナ レザーウオッチケース6
*当店では取り扱っておりません。ご了承下さい。

2017年1月14日 | カテゴリー :