カレンダー操作禁止時間帯について

オメガ シーマスター

カレンダーの早送り(クイックチェンジ)機能は、操作してはいけない時間帯があります。これを「カレンダー操作禁止時間帯」といいます。

機種により異なりますが、概ね「20時から(日付変更0時をはさんで)4時」とお考え頂くと大抵の機種に対応できると思います。*例外はあります。

この時間帯はムーブメントの中でカレンダー機構という部品群がかみ合って連動しています。

早送り操作を行うと、このかみ合った状態に強引に干渉してしまうため歯車などに大きな負荷がかかり、部品の破損や故障の原因となります。充分にお気をつけください。

また、この時間帯は実際の時刻ではなく『個体の時刻』だということにもご注意ください。

機械式時計はゼンマイが完全に解けると止まってしまいます。止まった時計が10時を指していた場合、個体の時刻が10時なのか22時なのかを確認してカレンダー早送り操作の可否を判断しなければなりません。

確認の方法は簡単です。
カレンダー機構がかみ合っていても運針によるカレンダー送りは可能なので、リュウズを回して針を進めることで判断できます。針を進めてカレンダーが動いたらその個体は操作禁止時間帯にあるということです。
早送り操作を行う際は、さらに時針を5時辺りまで進めてから行ってください。

カレンダーを合わせたら、現在時刻に合わせて終了です。

アンティークウォッチは部品の入手が難しくなっています。部品の破損や故障を出来るだけ防ぐため『カレンダー操作禁止時間帯』に充分にお気をつけください。

2016年7月19日 | カテゴリー :