【SOLD OUT】ルクルト バンパー式ハーフローター Cal.12A センターセコンド

お買い求めは こちらをクリック

1940年代頃 バンパー式ハーフローター

ルクルト最初期の自動巻き機構です。搭載しているムーブメントはCal.12Aです。

現代では見られなくなったバンパー式ハーフローターと呼ばれる半回転自動巻き機構です。
時計を振るとコツコツとした手応えを感じます。手巻きの補助的な役割をしています。

文字盤には綺麗に色付いたアラビア数字のインデックスを配しており、シンプルで上品な雰囲気があります。針はルクルトらしい菱形加工されたブルースチールです。こちらも上品で高級感があります。

ケースは当時としては珍しいオールステンレススチールを採用しています。
ふっくらとした竜頭と流れるような曲線を用いたラグは、ルクルトらしい上品で落ち着いた雰囲気があります。いつの時代でも使える魅力あるモデルです。

ケースサイズ
横:約33mm(竜頭含まず) 縦:約42mm ラグ:約16mm

お買い求めは こちらをクリック